アンチエイジングで美しい身体を目指しましょう!

レディ

ダウンタイムの過ごし方

鏡を見る女性

アンチエイジング治療には、パーツによって様々なものがあります。例えば、肌の治療にはヒアルロン酸注射やレーザー治療が代表として挙げられます。ヒアルロン酸注射での施術では、施術箇所にヒアルロン酸を注入することで、肌の保湿力を高めてシワやたるみを解消してくれます。その一方、レーザー治療は、若い世代の悩みに多いニキビやしみを解消することができる治療法になります。美容整形クリニックではどちらも人気の施術で、その美容効果も高く女性から評判です。しかし、アンチエイジング治療を美容整形クリニックで受けるのなら、施術中のことだけでなく、ダウンタイム期間のことも考えておく必要があります。それは美容整形においてダウンタイム期間を必要とする施術が多いからです。もちろん、中には施術を受けてそのまま帰ることができる治療もあります。ですが、ダウンタイム期間が必要だったときのためにも、その期間の過ごし方について知っておきましょう。まず、ダウンタイム期間には安静にして過ごすことが何よりも大切です。そのため、仕事に就いている社会人はできるだけ、仕事を休める状態を作っておきましょう。仕事に行くことも大切ですが、身体に無理を強いると施術した部分が痛む可能性があります。そして、美容整形での施術の規模が大きい場合には、包帯を巻くこともあるので、見た目が気になってしまいます。そのため、その状態で仕事に行くのはあまりおすすめできません。よって、美容整形でアンチエイジング治療を受けた場合には、大人しく自宅で過ごすことをおすすめします。

アンチエイジング治療は施術を受ける部分によって、ダウンタイムの必要があります。しかし、仕事や家事などで忙しくダウンタイムを取れないという方も中にはいらっしゃると思います。そんな方のために、ダウンタイム期間の過ごし方を紹介していきます。まず、自宅でできることといえば、シャワーのみで入浴するということです。施術後は、空気などに施術箇所が触れるだけでも痛みを感じてしまうことが多いです。特に、お風呂ではお湯を使用するので、施術箇所に痛みを与えてしまうリスクがあります。そのため、入浴はできるだけ短く済ませましょう。また、ダウンタイム期間では傷のケアをこまめに行なうことを心掛けましょう。クリニックから術後に消毒液や軟膏、鎮痛剤や抗生物質が処方されているはずです。施術箇所からの化膿を防止し、回復を早めるためにも、必ずケアは忘れずに行ないましょう。傷のケアするタイミングとしては、洗顔後やシャワー後などがベストです。当然のこと、医師に決められた時間や薬の量があるのなら、そちらを優先するべきです。そうして、ダウンタイム期間を安静にして過ごすことで、痛みを最小限に抑えることが可能です。しかし、もしもダウンタイム期間に痛みや違和感があった場合には、すぐにクリニックで診察してもらうようにしましょう。

Copyright © 2017 アンチエイジングで美しい身体を目指しましょう! All Rights Reserved.